蟹の通販・カニの取り寄せ

カニの旬っていつ?

カニの旬と言えば、秋から冬と思っている人が多いと思います。
しかし、実際はカニの種類や獲れる場所によっても、微妙な違いがあります。

 

多くのカニは、寒い時ほど身がよくつまるので、美味しくなるんです。
寒さから身を守るために、魚のように脂がのる訳ではありませんが、身がつまってくるわけですね。
逆に、産卵後のメスは身が痩せるため、味も落ちてしまいます。

 

例えば、一番良く食べられているズワイガニ・松葉ガニ・越前ガニ・タカアシガニなどは、秋から冬が旬と言われていて、11月から2月くらいまで獲れるのですが、一番美味しいのは1〜2月頃です。

 

本州ではこれ以外に、ワタリガニ・サワガニなども獲れますが、ワタリガニの旬は1〜4月
そして、サワガニは4〜5月くらいで、夏場の産卵時期には味が落ちます。

 

北海道では、ズワイガニ以外にも、タラバガニ・イバラガニ・花咲ガニ・アブラガニ・毛蟹なども水揚げされます。
タラバガニ・イバラガニ・花咲ガニ・アブラガニなど、タラバガニ科に属するカニの旬は11〜3月頃で、4月頃になると産卵期に入り、身も味も落ちてしまいます。

 

これに対して、毛ガニの旬は獲れる場所によって違います
一般的には、冬場が旬と言われていますが、10〜12月が一番美味しいと言われています。
ただ、岩手沿岸あたりでは、12〜3月頃に漁が行われ、オホーツク沿岸では3〜8月頃に漁が行われるので、1年中楽しめるカニとも言えるでしょう。