カニを食べるとアレルギーが出る?

カニを食べるとアレルギーが出る?

美容に・健康に・ダイエットに・アンチエイジングにと、たいへん様々な効能や栄養価を持っているカニですが、残念ながらアレルギーが出る人も多いようです。
食物アレルギーと言えば、まず頭に浮かぶのが卵だと思いますが、最近では、さまざまな食品でアレルギーを起こすことが知られていますよね。
何年も前には、学校給食のそばを食べて亡くなった子どももいましたし、海外ではピーナッツバターで亡くなる人も多いようです。
ですから、どんな食材でもアレルギーが起きる可能性はあるわけですが、その中でも蟹や海老などの甲殻類・サバやマグロなどの青魚のアレルギーは昔から日本では有名で、症状が出る人が比較的多い食材の一つです。
甲殻類アレルギーとは、カニ・エビ・シャコのような殻を持ったものを食べて起きるアレルギーです。
その症状の多くは、蕁麻疹が出たり、腫れが出たりするもので、ひどい場合には喉・目なども腫れて、息ができなくなったりすることもあります。
甲殻類のアレルギーは、甲殻類に含まれるトロポミオシンという物質によって、アナフィラキシーショックを起こすアレルギーとして知られています。
アナフィラキシーショックと言えば、蜂に刺されて死ぬ症状を思い浮かべる人が多いと思いますが、体内の抗体が過剰反応してショック状態を引き起こすものです。
軽い蕁麻疹程度で済む人もいますが、ひどい場合には触っただけで皮膚がかぶれる人もいるようです。

カニを食べるとアレルギーが出る?関連ページ

カニって栄養がある食べ物?