活カニ、ボイル蟹どっちを買う?

活カニ、ボイル蟹どっちを買う?

活カニとボイル蟹、あなたなら、どちらを買いますか?カニを買う時に悩むことがありますよね。
活カニとは、もちろん、生きたままの元気なカニです。
ボイル蟹はお店や工場などで、すでに茹でられたカニのことです。
例えば、どうしても刺身で食べたい場合は、活カニを買わないといけません。
しかし、カニを自宅でさばくのって、かなり大変だったりします。
カニをさばくのに手間取って、鮮度が落ちたりして、却って旨みがなくなってしまうこともあるでしょう。
食べる所が少なくなってしまったなんてこともあるそうです。
カニをさばくのが苦手な人やカニをさばいたことのない人は、刺身として食べたいのでなければ、ボイル蟹の方がお勧めです。
届いてすぐに、解凍して食べることができます。
実際、冷凍だと味が落ちると思われがちですが、今の冷凍技術はすばらしいものがあります。
解凍する時に、少し味が落ちることはあるかもしれませんが、気になるほどではないのが実状です。
なにより、解凍してすぐ食べれるのは便利ですし、台所も散らかりません。
なので、刺身や焼き蟹で食べるのならば活カニ、カニしゃぶなどの鍋物として食べるのであればボイル蟹が一般的にお勧めということになります。
でも、生ゴミがたくさん出てもかまわないし、生きているカニをさばくのも得意だという方だったら、どんなカニ料理でも活カニを使った方がおいしいでしょう。
ただ、家庭でカニを茹でるのは、大きな鍋がいりますし、塩加減や茹で時間の調整が難しいかもしれません。