東日本、蟹を食べに旅行するならどこがお勧め?

東日本、蟹を食べに旅行するならどこがお勧め?

東日本で蟹を食べるために旅行するなら、どこがお勧めなのでしょうか?お勧めの場所はたくさんあるのですが、一部を紹介したいと思います。
旅行に行くのなら、蟹を食べられる温泉宿で、のんびり食べたいものですよね。

 

石川県の能登半島・和倉温泉・・・加能がにと呼ばれるずわいがにが有名。
11月〜3月までが解禁期。
甘みがあって身が詰まっている。

 

石川県の加賀・片山津温泉、山中温泉、山代温泉、粟津温泉・・・日本海で水揚げされたずわいがにが堪能できる。

 

石川県の山中温泉・・・ずわいがにの水揚げで有名な橋立漁港のすぐ近くで、取れたてのずわいがにを食べることができる。

 

福井県の芦原温泉・・・三国漁港、または、越前漁港で水揚げされたブランド越前蟹を堪能することができる。

 

新潟県の赤倉温泉・・・スキーの名所としても有名な赤倉温泉では、日本海から水揚げされた蟹を食べることができる。

 

青森県の馬門温泉、大鰐温泉・・・岩崎漁港で水揚げされたズワイガニを食べることができる。
青森県では、陸奥湾の桜蟹も有名。
「トゲクリガニ」と言われる蟹で、旬が3月〜5月なので、その時期に旅行に行くと良い。
蟹ミソがたくさん詰まっていて美味しい。

 

また、蟹って言うと、やはり、北海道が脳裏をよぎりますよね。
北海道には漁港がたくさんあり、蟹の水揚げがされていることも多いです。
ここにあげたお勧めの場所は、ほんのごく一部です。
特に蟹のシーズン期に行くと、値段も安く、お腹一杯食べられることでしょう。