カニを上手にむしるコツ、食べるコツって?

カニを上手にむしるコツ、食べるコツって?

カニは、おいしいけれど食べるのがちょっと大変ですね。
でも、カニの食べ方にはコツがあるのです。
このコツさえマスターしてしまえば、簡単に食べることができます。
ここでは、タラバガニの食べ方をご紹介します。
まず、キッチンバサミと軍手を用意しましょう。
軍手は、カニの硬甲羅やトゲ、毛などでけがをしないためです。
準備ができたら、以下の順番でカニをさばいていきます。

 

1.カニを裏返し、ふんどしを取り、腹の中央にハサミを入れる。
2.腹を割ったら、脚を持って腹と甲羅を分離させる。
3.ハサミで脚を付け根から切り離す。
4.脚の関節にハサミを入れて、すべて切り離す。
5.筒状になっている脚の裏側、白い部分に2本ほど筋が入るように切り目を入れる。
6.胴体の両側についているヒダ状のエラはガニといい、食べないところなのでハサミで取り除く。
これで終了。

 

カニの脚に切り目を入れるときのポイントは、殻だけに切り目を入れること。
身や筋まで一緒に切ってしまうと、うまく身が抜けなくなるので注意しましょう。
一方、市販されているカニの脚は、表面の殻が削ってあり、身が見えるものが多いですが、これは食べやすくしてあるため。
ゆでたり焼いたりしたあと、わざわざ殻を取らなくても、節を折ると筋がすっと抜けて簡単に食べることができます。
このようなカニを上手にむしるコツがわかれば、もっとカニの味を楽しめるかもしれませんね。