カニスキ、カニ鍋の作り方って?

カニスキ、カニ鍋の作り方って?

カニは茹でたものを黙々と食べるのもいいですが、やっぱりみんなで鍋を囲んでワイワイ言って食べるのも楽しいですよね。
カニスキやカニ鍋の作り方は、その家庭やお店によっても千差万別。
出汁や合わせる野菜もいろいろですので、カニが手に入ったら、あなたの好きなようにアレンジして作ってみましょう。
ちなみに、一般的に「カニスキ」は具材に火を通した後にポン酢につけて食べる食べ方で、「カニ鍋」は具材を出汁で煮てそのまま食べる食べ方です。
カニスキやカニ鍋の作り方のポイントは、とにかく火を通し過ぎないようにする事。
美味しい出汁が出るだろうと、カニを長い間グツグツ煮るのは以ての外です。
せっかくのプリプリしたカニの身が、堅い食感に変わってしまいます。
カニは食べる分だけ、何回かに分けて鍋に入れるようにしましょう。
また、食べやすくする為に、あらかじめカニの足にははさみで切り込みを入れておくと良いですよ。
火が通りにくい具材は、下茹でしておく事も忘れずに。
すりおろした生姜や粉山椒等の薬味を用意しておくと、お鍋の味も引き立ちます。
カニスキやカニ鍋の良い点は、カニの身の美味しさを堪能した後に、御飯を加えて雑炊にしたり、うどんを加えて鍋焼きうどんにして、カニの出汁の旨みまで残さずに楽しめる所です。
また、ちょっとカニの量が少ない場合でも、最後のシメに雑炊やうどんを食べたら、おなかも大満足ですよね。
寒い冬にカニが手に入ったら、お鍋で体を温めながらカニをトコトンまで堪能し尽くしちゃいましょう。