おいしい毛蟹の選び方とは?

美味しい毛蟹の選び方って?

毛蟹は、インターネットでの通販の場合、○○○gという表示で販売されています。
大抵は300g〜800gの物が多いのですが、まずその重さに注意しなければなりません。
毛蟹は生ガニとして販売される物もありますが、ボイルされて販売されている物の方が圧倒的に多いです。
しかし、ボイル前とボイル後では、その重さは約15%も違うといわれています。
ボイル後の方が軽くなるんですね。
そして、その重さの表示には基準がないため、店舗によってボイル前かボイル後かの違いがあります。
ですから、購入時には、その表示がボイル前なのかボイル後なのかを確認しておきましょう。
でないと、実際に届いてみたら、思っていたより小さくてガッカリということもあります。
また、毛蟹は殻が硬いカニの方が身入りが良くて美味しいといわれています。
店頭販売で購入する場合は、甲羅の殻の部分を軽く押してみましょう。
殻が凹むようだと身入りの少ないカニという可能性が高いです。
店頭で毛蟹を購入する場合には、実際に持ってみて、重くて殻が硬い物を選ぶのが、美味しい毛蟹を選ぶコツとなります。
通販では直接見ることはできませんから、信頼できる店を選ぶことが重要な鍵となるでしょう。
できるだけ、人気が高く、評判のいい店舗を選ぶことが大切です。
また、同じ店舗でも季節によって毛蟹の質に違いがありますから、身の詰まる冬場に購入すれば失敗が少ないでしょう。

おいしい毛蟹の選び方とは?

カニは高級食材ですから、できるだけ失敗のないよう、質のよいものを選んで購入したいですよね。
では、失敗せずに美味しい毛蟹を選ぶにはどうしたら良いでしょう?本当は、自分で見て購入するのが一番なのです。
何故なら、美味しい毛蟹のポイントは以下の3つだからです。

 

・旬の時期に購入する
・出来るだけズッシリ重いものを選ぶ
・なるべく甲羅の硬いものを選ぶ
ずっしり重いもの・・・というのは説明しなくても分かると思いますが、身の詰まり具合を示しています。
そして、甲羅の硬さは脱皮と関係しており、脱皮直後は殻が柔らかいのです。
脱皮すると、新しい殻を早く作らなければ外敵に食べられてしまいますから、カニは殻を作るために栄養素の多くを殻づくりに回してしまいます。
つまり、身が痩せてしまうという事になります。
ですから、殻が硬くないものの場合、殻を作っている最中=身が痩せているという事になるんですね。
店頭で自分の目で確かめられる場合は良いですが、最近は通販を利用して産地から直接購入するケースも増えています。
そんな場合、表示されている写真やデータ(カニの重さなど)を頼りに購入するしかありません。
こうなると、店舗の信用度がとても重要なことがお分かりいただけると思います。
失敗しないためには、出来るだけ口コミなどの評判の良いところを選ぶことと、贈答の前には自宅用で購入して試食するのも重要でしょう。