活カニのさばき方のコツって?

活カニのさばき方のコツって?

まず、生のカニをさばく機会って、なかなかある事ではありませんよね?
活カニをさばくチャンスに遭遇したら、これはいい経験だと思い切ってチャレンジしてみましょう。
難しそうですが、意外と簡単にさばけてしまいますよ。
用意すると便利なものに、軍手、ハサミ(キッチンばさみや、先の細い園芸用のハサミなど)があります。
さばく際のコツには、
・よく研いだ包丁を用意する・まな板は安定した台にのせる・爪や甲羅が硬く包丁が入らない場合は、無理をせずにハサミを使用する・ハサミがない場合には、まず固い部分を包丁の背で叩き、ヒビが入ったところを包丁で切り取る・足の殻を削ぐ場合には、包丁の刃は身に対して平行にする
などがあります。
力の弱い女性の場合には、軍手を使用する事でカニが押さえやすく楽にさばけるようになるのでおすすめです。
この際、包丁を持つ手は必ず素手になるようにして下さい。
軍手をしたままですと滑りやすく、大変危険です。
また、殻から身をはがす際に、鮮度がいいカニほど殻に身がはり付いていてはがしづらいものです。
イライラせずに、「このカニは新鮮だから!」と喜ぶぐらいの気持ちの余裕が必要です。
さばく際には、くれぐれも怪我をしないように、注意しながら行って下さいね。
自分で苦労してさばいたカニの味は格別ですよ。
上手にさばき終わったら、後は刺身で食べたり、しゃぶしゃぶで食べたり、カニ味噌も是非堪能しましょう。